お焼香のこころえ

お焼香は仏教儀礼として古来から行われてきました。
お香は、神仏にささげる食料だとか…

お焼香の基本
簡単な作法ですので覚えておいてください。

お焼香の作法 @霊前の祭壇少し手前で僧侶と遺族に一礼します。
A祭壇の前で、左手に数珠をかけ一礼し、合掌します。
B香を、親指、人さし指、中指でつまみ静かに香炉に落とします。
C焼香が終わったら再び合掌して一礼します。
D前向きのまま祭壇前から下がって、僧侶、遺族に一礼して自席に戻ります。

座礼のときの作法 @腰を低くして霊前へ進みます。
A遺族に一礼します。
B膝行膝退で祭壇に、にじり寄ります。
C座布団の上に正座して焼香してください。
立礼のときの作法 @焼香台の3歩ほど手前で一礼します。
A焼香台の前に進み合掌。
B焼香を終えたあと合掌し、3歩ほど後ずさりし遺族に一礼します。

お香について
通夜はお線香、葬儀は抹香が数多く使われます。お線香は吹き消さないように。手であおぎ消してください。

宗派によっても違います。
抹香のつまみ方は全集は共通。右手の親指、人差し指、中指を使います。また先駆尾の火を口で吹き消さないのも共通です。

真言宗・天台宗 香を額にいただき3回、線香は各自判断。
曹洞宗 額にいただき1回、額にいただかずに1回。葬儀では線香は通常1本。
浄土宗 香をつまんだら、その手をあお向け左手を添える。そのまま額にいただいてから香炉にくべます。線香は1〜3本。
浄土真宗 額にいただくことはしません。本願寺派は1回、大谷派は2回。線香はたてないで、折って横に寝かせます。
日蓮宗 焼香3回。線香は3本。特に決められた回数や本数はありません。

 

お数珠をお持ちでしょうか?
お数珠にも男性用と女性用があります
 

女性用.jpg
<女性用>

男性用.jpg
<男性用>

 

 

葬儀・葬式お役立ち情報-6.jpg
万一のときバナーtrue.jpg お手続き必要事項バナーtrue.jpg お焼香のこころえバナーtrue.jpg
弔辞のこころえバナーtrue.jpg 参列のこころえバナー.jpg お葬式のしきたり.jpg
喪主のチェックリスト.jpg 葬儀後のチェックリスト.jpg 相続のプロセスバナー.jpg
故人の所得申告バナー.jpg 年金手続きあれこれバナー.jpg 葬祭費の受給手続きバナー.jpg